低気圧でだるいのはなぜ、その対策と効果のある食べ物

   

台風や低気圧の接近により、だるさに悩まされる人が少なくありません。

でも、なんで台風や低気圧の接近により、だるさに苦しんだりするのでしょうか?

そこで、今回は台風や低気圧でだるいのはなぜ、その対策と効果のある食べ物についての
お話しをします。

スポンサードリンク

低気圧でだるいのはなぜ

台風や低気圧が接近すると、だるいと言う人が多いですが、そもそも台風や低気圧にだるいのは
なぜなのでしょうか?

台風により気圧が低下すると、大気中の酸素量が減少します。

台風や低気圧により大気中の酸素量が減少し、エネルギーを消費しないように、血圧低下や脈拍減少、
循環血液量の減少などを引き起こします。
そのことにより、体から酸素が奪われると私たちの体はリラックスしてきますが、それは副交感神経が
優位になって血管が拡張、血圧低下や、脈拍減少、循環血液量の減少などを引き起こし、リラックスが
過剰になり、体がだるくなって体調不良をおこします。
そのことから来る自律神経の乱れなども原因となります。

簡単に言うと台風や低気圧により大気中の酸素量が減少し体内の活性酸素が減少することにより、
自分の体を守ろうと「今は動かないで」と体が反応し、そのことにより元気がなくなり、身体がだるく
感じるという事ですね。

また、湿度が高くなることも原因のひとつで、湿気によりやる気がなくなり、身体がだるくなります。

低気圧でだるい症状の対策

台風や低気圧による、だるさの対策として、何をすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

・まずは、リラックスするようにしてください。
・そして酸素不足を解消する意味で、酸素を体に多く取り込むためにも、深く深呼吸をしてください。

・規則正しい生活とバランスの良い食事をとるようにしましょう。
・普段から散歩などでもいいので、軽い運動をするようにしましょう。
・普段から寝不足にならないように十分な睡眠をとるようにしましょう。
・温かいお風呂にゆっくりとリラックして入るのも効果的です。

・人により違いますが、首を冷やすのが効果的な方もいます。

低気圧でだるい時に効果のある食べ物

台風や低気圧が接近すると、だるいと言う人が多いですが、だるい時に食べることにより、
だるさの予防や、だるさが緩和される食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

・塩分     (低血圧になった時に効果的です。 但し取りすぎには注意してください。)
・梅干し    (クエン酸によりだるいと感じる体を元気にする効果があります。)
・暖かいコーヒー(カフェィンには血管を収縮させる効果があります。)
  この時期は、体内の水分が上手く抜けずに体内に溜まってしまうため、冷たい飲み物ではなく
  暖かい飲みものを取ることをおすすめします。

まとめ

今回は、台風や低気圧とうつ病の関係と対策についてのお話をしました。

同じうつ病でも、ひとによって原因や症状は違ってきます。

今回は一般的なお話でさせていただきました。

本当につらいときは一度、病院で診てもらうことをおすすめします。

今回のお話で、例え少しでも辛さから解放されたらうれしい限りです。

今回のお話が、お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 10月の話題, 台風 ,