お肌の乾燥の原因と対策と予防

   

お肌の乾燥が気になる時期ですね。

お肌のケアは、しっかりしていますか?

そこで今回は、肌の乾燥の原因と対策と予防についてのお話しをします。

スポンサードリンク

肌の乾燥の原因

肌の乾燥の原因には、いくつかあります。

季節的に空気が乾燥しやすい時期が原因で空気が乾燥することにより肌の水分が逃げて乾燥しやすくなります。

他にも生活習慣の乱れなどにより肌の水分が損なわれて乾燥しやすくなります。

偏った食事により、体のバランスが崩れる事によっても肌の脂分が減り乾燥しやすくなります。

ストレスにより体のバランスが崩れる事によっても肌の脂分が減り乾燥しやすくなります。

睡眠不足が原因でも乾燥しやすくなります。

自分の肌に合わないスキンケアが原因でも乾燥しやすくなります。

また、加齢による肌の脂分の減少によっても乾燥しやすくなります。

エアコンが原因で肌の水分が損なわれて乾燥しやすくなります。

などの原因があります。

肌の乾燥の対策

肌の乾燥の対策についてのお話をします。

・規則正しい生活をしてください。不規則な生活をすると、お肌には影響が出やすいです。
・寝不足はお肌には大敵です、十分な睡眠をとるようにしましょう。
・栄養バランスを考えて栄養の偏りのない食事をとりましょう。
・ウォーキング、ジョギングなどの軽い運動でいいので毎日適度に運動をしましょう。
・水分の補給はミネラルウォーターがおすすめです。
・お風呂上りの、まだ体や顔が湿っている状態で馬油(ソンバーユ)やスクワラン、アルガンオイルなどを
 顔を含めて全身に良く伸ばして塗るのも効果的です。塗った後はタオルなどで水分を軽く拭きます。
・顔だけであれば寝る前のお手入れはローションパックなどで保湿するのも効果的です。

などが対策として効果的です。

肌の乾燥の対策に良い食べ物

前述の、「栄養バランスを考えた食事」に関連しますが、体の内側からの対策もお話しておきますね。

健康な皮膚を作る為には、コラーゲンが必要ですが、そのコラーゲンを作るのに必要なのが、
タンパク質やビタミン類になります。

・ビタミンA(ベータカロチン):肌荒れ防止や皮膚の免疫機能の維持に効果的です。
  かぼちゃ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジルなどなどの緑黄色野菜

スポンサードリンク

・ビタミンB群:皮膚の新陳代謝の促進と発育促進の効果があります。
  豚肉、レバー、うなぎ、マグロ刺身、バナナ、ナッツ、大豆、米、小麦、野菜、卵、牛乳や乳製品
  など

・ビタミンC:コラーゲンの生成を助けます。
  パセリやブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマンなどの緑黄色野菜、
  レモンやいちご、アセロラ、柿、キウイフルーツなどの果物

・ビタミンE:皮膚の血液循環の改善をします。
  アンコウやアユ、イワシなどの魚類の他、煎茶やアーモンド、唐辛子など

また、排尿や汗などでも水分が奪われ乾燥していきますので温かい飲み物などで水分補給をしましょう。
この時、温かい飲み物がポイントで冷たい飲み物では効果が半減します。

肌の乾燥の対策についてのお話をしましたが、お肌の乾燥は、内臓の不調などから来る場合も
ありますので、あまりにもひどい場合には、病院で診てもらう事をおすすめします。

肌の乾燥の予防

肌の乾燥の予防についてのお話をします。

肌の乾燥の予防については、前章の「肌の乾燥の対策」と被る内容もありますが、敢えてお話しします。

・普段から規則正しい生活をしましょう。不規則な生活をすると、お肌には影響が出やすいです。
・寝不足はお肌には大敵です、十分な睡眠をとるようにしましょう。
・栄養バランスを考えて栄養の偏りのない食事をとりましょう。
・ウォーキング、ジョギングなどの軽い運動でいいので毎日適度に運動をしましょう。
・水分の補給はミネラルウォーターがおすすめです。
・お風呂上りの、まだ体や顔が湿っている状態で馬油(ソンバーユ)やスクワラン、アルガンオイルなどを
 顔を含めて全身に良く伸ばして塗るのも効果的です。塗った後はタオルなどで水分を軽く拭きます。
・顔だけであれば寝る前のお手入れはローションパックなどで保湿するのも効果的です。
・40℃以下のお湯でゆっくり半身浴をしましょう。
 ストレス解消、血行促進、保湿力アップに効果です。
  ※:熱いお湯は逆効果になりますのでご注意ください。

まとめ

今回は、秋の肌荒れの原因と対策と予防と食べ物についてのお話をしました。

規則正しい生活と正しい食事と十分な睡眠、必要な水分補給などをして、お肌をケアーしてくださいね。

今回のお話が、お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 肌トラブル ,