6月の誕生石:パール、ムーンストーン、アレキサンドライトの話

6月_パール 誕生石

今回は、6月の誕生石についてお話ししたいと思います。

6月の誕生石と言ってもいくつかの石がありますが、今回は主だった守護石の「パール」、
「ムーンストーン」、「アレキサンドライト」について、お話ししたいと思います。

スポンサードリンク
  

6月の誕生石であるパールについて

◆パール

6月_パール

和名  :真珠(しんじゅ)

宝石言葉:純粋無垢、健康、長寿、富、女王の品格

原産国 :天然ではほとんど産出されないため養殖によって生産されるものがほとんどです。
   
     真珠の種類にもよりますが、主な生産地は、
        
     主にオーストラリア、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、タヒチ、香港、台湾
     などで、日本でも生産されています。

   
身につけることにより守護の力により、邪気を払い身を守るといわれています。

女性らしさを高め、誠実で、清楚な魅力を高めるともいわれています。
   
   

6月の誕生石であるムーンストーンについて

6月_ムーンストーン

スポンサードリンク

◆ムーンストーン

和名  :月長石/げっちょうせき

宝石言葉:愛の予感・純粋な愛、希望、幸運、知性
   
原産国 :スリランカ、インド、ミャンマー、マダガスカル、タンザニア、アメリカなど
   
女性力を増し、愛や癒しの効果を持ち、女性特有の問題にも効果があるといわれています。
   
そのため女性からの人気は高い石といえます。
   
また恋人同士を結び付けるともいわれ、恋人に贈るには良いのではないでしょうか。

6月の誕生石であるアレキサンドライトについて

6月_アレキサンドライト

◆アレキサンドライト

和名  :金緑石/きんりょくせき

宝石言葉:二面性・秘めた思い・沈着・勇敢
   
原産国 :スリランカ、ブラジル、ロシア、インド、タンザニアなど

身につけている人の危険を察知し、守ってくれる石といわれています。

昼(明るい場所)は、緑、夜(暗い場所)では赤と2色に色が変わることから、二面性を持ち、
2つのことを一緒にこなすことが出来る才能を引き出すといわれています。
   
とても人気が高い石です。

まとめ

今回は、6月の誕生石についてお話をしました。

お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました