4月の誕生石のダイヤやクリスタル、インカローズについて

   

4月が誕生日の方おめでとうございます。
 
誕生日に、誕生石は定番ですよね。
 
人からプレゼントされても良し、自分へのご褒美に自分で購入しても良し。
 
彼女へのプレゼントなら、もう最高ですね。
 
そこで、今回は4月の誕生石であるダイヤやクリスタルについてのお話しをしたいと思います。
 
 
 

スポンサードリンク
  
 
 

4月の誕生石のダイヤについて

 

◆ダイヤモンド

 
和名  :金剛石(こんごうせき)
 
宝石言葉:清浄無垢、永遠の愛、不屈、純愛など
 
原産国 :ロシア、 ボツワナ、コンゴ民主共和国、オーストラリア、南アフリカ共和国 、カナダなど
 
誕生石 :4月の誕生石
 
干支石 :---
 
星座石 :牡羊座(守護石)、獅子座(守護石)
 
色・模様:無色・イエロー・オレンジ・ピンク・レッド・パープル・バイオレット・ブルー・グリーン・ブラックなど
 
由来  :
 
ダイヤモンドの名前の語源は、ギリシャ語の「征服されざるもの」を意味する「adamas(アダマス)」に由来します。
 
世界4大宝石に数えられ、ルビー、サファイア、エメラルドと並び、その中でも宝石の王様と呼ばれるほどの最高の石です。
 
婚約指輪といえば「ダイヤモンド」というくらい婚約指輪の定番でもあります。
 
ダイヤモンドは成功や勝利、富と権力をもたらすといわれています。
 
また、邪気を浄化し精神的にも肉体的にもパワーアップさせてくれ自身や才能を引き出し夢の実現への力を与えてくれる効果があります。
 
もちろん、恋愛にも大きな力を与えてくれます。
 
 
 

4月の誕生石のクリスタルについて

 

スポンサードリンク

◆クリスタル(水晶)

 
和名  :水晶(すいしょう)
 
宝石言葉:純粋、繁栄、会心、浄化など
 
原産国 :ブラジル、マダガスカル、アメリカ合衆国、日本など世界各地
 
誕生石 :4月の誕生石
 
干支石 :申年(守護石)
 
星座石 :牡牛座、双子座
 
色・模様:クリア
 
由来  :
 
クリスタルの名前の語源は、ギリシャ語の「水」になります。
 
クリスタルは、神が水を永遠に溶けない氷に変えたという伝説から来ています。
 
高い浄化力を持ち、潜在能力やエネルギーを高めてくれます。
 
また色によって、アメジスト(紫水晶)やシトリン(黄水晶)、ローズクォーツ(紅水晶)などと呼び名が変わります。
 
水晶のパワーは、なんといっても万能な石という事ですね。
 
あらゆるものを浄化し、潜在能力を高める効果があるので、夢や目標に向かう時に大きな助けとなります。
 
身につけることにより、邪気を払い不浄なものを浄化し、願いをかなえてくれると言われています。
 
是非、身につけてみてください。
 
 
 

4月の誕生石のインカローズについて

 

◆インカローズ(ロードクロサイト)

 
和名  :菱マンガン鉱(りょうまんがんこう)
 
宝石言葉:恋愛成就、情熱的な愛、女性的魅力を増すなど
 
原産国 :アルゼンチン、アメリカ、コロラド州、南アフリカ、メキシコ、オーストラリアなど
 
誕生石 :4月の誕生石
 
干支石 :未年
 
星座石 :乙女座
 
色・模様:ピンク、紅赤色など
 
由来  :
 
クリスタルの名前の語源は、ギリシア語のバラ色の石(Rhodo(バラ) Chro(色) Site(石))に由来しています。
 
正式な名前は「ロードクロサイト」ですが、日本では「インカローズ」と呼ばれることが多いです。
 
これは、かつてインカ帝国があったアンデス山脈から多く産出したことから「インカローズ」と呼ばれました。
 
永遠の友達との出会いや恋愛成就の効果があるとされています。
 
 
 

まとめ

 
今回は、4月の誕生石であるダイヤやクリスタル(水晶)、インカローズについてのお話をしました。
 
お役に立てましたでしょうか?
 
自分へのご褒美にしても、彼女へのプレゼントにしても、美しい宝石は見ているだけでも身に付けてもいいものですよね。
 
今回のお話が、お役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 誕生石 ,