ホワイトデーのお返しの由来や本命の場合や義理ではどうする

   

3月14日は、ホワイトデーですね。
 
ホワイトデーは、バレンタインデーにチョコをもらった男の子が女の子にお返しをする日。
 
もらったチョコがたとえ義理チョコだったとしても、お返しをすることで、本当の恋に発展するかもですね。 
そこで今回はホワイトデーのお返しについての、お話しをしようと思います。
 
 
 

スポンサードリンク

 
 

ホワイトデーのお返しの由来

 
恋人たちの日として2月14日にバレンタインデ-がありますが、一カ月後の3月14日に恋人たちは改めて永遠の愛を誓いあったということです。
 
この3月14日のイベントが、世界中の人々に伝え継がれてきたのがホワイトデ-の由来になります。
 
但し、バレンタインデーのお返しをする習慣は、実は海外にはなく日本独自のものなんです。
 
日本では、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を日本のお菓子会社が浸透させました。
 
バレンタインにお菓子をお返しする習慣も、同じように、お菓子会社が、バレンタインデーのお返しには、
「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」という意味を込めて宣伝した結果広く浸透したのがお菓子を贈る由来となりました。
 
 
 

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しが本命の場合は

 
ホワイトデーのお返しといえば、本命のお相手の場合も、やっぱり定番は、「マシュマロ」や「クッキー」、「キャンディー」などのお菓子が定番です。
 
ホワイトデーの「ホワイト」の由来は、この定番である「マシュマロ」や「キャンディー」の色から付いたという説もあります。
 
また、「ホワイト」の色が「けがれのない純潔」という意味から名付けられたともいわれています。
 
最近では、贈るお菓子も、これらの定番に限らず、ケーキやチョコレートなどの「スイーツ」全般にわたって贈る人も多いです。
 
 
本命に対しては、お菓子にこだわらず、プレゼントを贈るケースも多くなってきています。
 
以前は、本命に対しては「ホワイトデーのお返しは倍返し」という時期もあったようです。
 
プレゼントの中でも、人気があるのは、アクセサリー類ですが、ハンカチやお花も人気です。
 
生花の花束も人気がありますが、私としては、半永久的に美しい花を見せてくれるブリザードフラワーは人気もありますしお勧めです。
 
また、アクセサリーでは、ネックレスなどが人気があります。
 
今年のホワイトデーは、お菓子ではなく「ネックレス」や「ブリザードフラワー」などを贈ってみてはいかがでしょうか。
 
 
 

ホワイトデーのお返しに義理の場合は

 
バレンタインデーに戴いたのがたとえ義理チョコだったとしても、マナーとして、お返しはちゃんとしましょうね。
 
お返しの際には、戴いたものと同額程度のものを選ぶといいですよ。
 
また例え義理だったとしても贈るときにバレンタインデーに戴いたことに感謝の気持ちを込めて「ありがとう」の言葉と共に贈ると良いですね。
 
もしも、義理チョコをくれた人の中に、あなたのお目当ての人がいたら、お返しをしたときに、添える言葉次第では素敵な未来に発展するかもですね。
 
 
「義理でもらったんだからお返しはいいや」という事にはせずに、きちんとお返ししましょうね。
 
お返しされ女性も悪い気は絶対しませんし、お返しが無いと義理とはいえ寂しいと感じるかもです。
 
 
 

まとめ

 
今回は今回はホワイトデーのお返しについてのお話をしました。
 
ホワイトデーはある意味男性から女性へのアプローチの場とも言えます。
 
単なるお返しの日とせずに、自分からのアプローチのイベントにしてみたらいかがでしょうか。
 
あなたにとって、楽しいホワイトデーになりますように。
 
今回のお話が、お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - ホワイトデー ,