6月の紫外線の時間は?曇りの日の紫外線、雨の日の紫外線

   

紫外線が気になる時期になって来ましたね。 実は紫外線は1年中降り注いでいます。

1年の内で紫外線の量がもっとも多くなるのは7月や8月だけと思われがちですが、実は5月くらいから多くなり始め6月から8月くらいが、もっとも多くなる時期になります。

そこで今回は6月の紫外線についてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク
  

6月の紫外線が多い時間は?

気になる紫外線の量がもっとも多くなる時間ですが、1日の内でもっとも多くなるのは、太陽の高さが

もっとも高くなる正午前後の10時から14時となります。

この時間帯には極力出かけないのがよろしいかと思いますが、お出かけする場合には、日焼け止めクリーム
を塗ったり、長袖の服を着るなどの紫外線対策をしっかりとされてお出かけするのがよろしいでしょう。

6月の曇りの日の紫外線は?

それでは、曇りの日の紫外線の量はどうなのでしょう?

スポンサードリンク

曇りの日の紫外線の量は、実に晴れの日の50~80%もあるのです。

少し驚かれましたか?

実は、曇りだからといって満足な紫外線対策をしないでお出かけする方が多いです。

晴れの日同様に、日焼け止めクリームを塗ったり長袖の服を着るなどの紫外線対策をしっかりと

しましょう。

6月の雨の日の紫外線は?

 
さて、雨の日の紫外線の量はどうなのでしょう?

0だとお思いでしょうか?

雨の日の紫外線の量は、実に晴れの日の晴れの日の20~30%もあるのです。

曇りの日同様、驚かれたのではないでしょうか?

雨の日だと、紫外線の量は限りなく0に近いと思いますよね。

雨の日のお出かけも、日焼け止めクリームを塗ったり長袖の服を着るなどの紫外線対策をしっかりと

しましょう。

まとめ

今回は、6月の紫外線についてお話をしました。

今回のお話が、お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 6月の話題