梅雨の時期は体がだるい、眠いと感じるその原因と対策は

      2017/04/01

今年もまた、梅雨の時期が来ましたね。 洗濯物は乾かないし、憂鬱になるし、通勤も億劫になるしと、

私にとっては、とっても嫌な季節です。

梅雨の時期になると、体がだるいと感じたり、いくら睡眠をとっても、眠いと感じてしまう。

なぜ? 今回は、その原因と対策について、お話ししたいと思います。

スポンサードリンク
  

梅雨の時期は体がだるいし、眠い

梅雨の時期になると、

  ・体がだるい
  ・睡眠をとっても、眠い
  ・頭が痛い
  ・胃腸が調子悪い
  ・むくみが出る
  
などの症状、とっても嫌ですよね。

他にも、関節痛や肩こり、腰痛などの症状もあります。
  

梅雨の時期に、だるい 原因は?

なぜ体がだるくなったり、眠くなったりするのでしょか?

主な原因としては

スポンサードリンク

 ・雨が続くと気圧が下がり(低気圧)副交感神経が優位になることにより、身体がリラックスしてしまい  体がだるくなったり、眠くなったりします。
 
 ・雨が続くと気圧が下がり酸素が減少する原因となります。そのため私たちの呼吸に必要な酸素も減り、  体がだるくなったり、眠くなります。
 
 ・雨で湿度があがり、発汗作用が少なくなり体内の水分が排出されにくくなり体内に水分が溜まって
  しまい、だるさやむくみなどの体調不良の原因となります。
    
などがあります。

梅雨の時期に、だるい 対策は?

それでは対策についてお話します。

 ・ストレッチやウォーキングなど軽い運動をする。
 ・ぬるめの湯船に浸かる(体を温める)
 ・晴れた日には軽い日光浴などをする
 ・体の水分を排出するように、利尿作用や発汗作用のある食べ物などをとる

などがあります。
 
 

まとめ

今回は、梅雨の時期のだるい、眠いなどの原因と対策についてお話をしました。

体調管理をきちんと行い、がんばって、梅雨を乗り切りましょう。

お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 6月の話題