父の日の由来と日本では?いつ?バラを贈るのは何故?

      2017/04/01

毎年やって来る、父の日、一体いつからなの? なんで出来たの? 知りたいですよね。

その由来についてお話ししてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

父の日の由来と日本では?

米国ワシントン州のソノラ・ドッド(ジョン・ブルース・ドット)夫人が幼いころ、南北戦争が始まり、
彼女の父、ウィリアム・ジャクソン・スマートが招集され、母親が一人で彼女を含む、6人の子供を育て
ますが、父ウィリアムが復員してくると過労が元で亡くなってしまいます。
その後、父ウィリアムが男で一つで6人の子供を成人するまで育てあげ亡くなってしまいます。

1909年に彼女が、父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をお願いしたことが
きっかけで、その翌年の1910年に、当時すでに母の日が始まっていたため、
彼女は「母の日のように父に感謝する日があってもいいのでは」と牧師協会へ嘆願します。

その後、1916年、第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが、父の日の演説を行い、これにより父の日が
認知されるようになり、1966年、第36代大統領リンドン・ジョンソンが、6月の第3日曜日を父の日に定め、1972年に、アメリカでは正式に国の記念日として制定されます。

日本では、父の日が広まり始めたのは、1950年代と言われていますが、1981年に『FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会』が設立され、一般的な行事として広がったとも、日本におけるバレンタインなどと同様に、
デパートや販売店などの販売戦略だとも言われています。

スポンサードリンク

父の日はいつその由来は?

父の日は、毎年6月の第3日曜日となります。

今年、2016年の父の日は、6月19日となります。

日本での6月の第3日曜日の由来もアメリカから来たようです。

父の日にバラを贈る由来は?

父の日にバラを贈るのが定番になっていますが、その由来は、前述のソノラ・ドッド夫人が、亡き父の
墓前に白いバラを供えたことから、父の日にはバラを贈るとなったようです。

意味も、存命中は「赤いバラ」、亡き父には「白いバラ」になっているようですが根拠は不明で、
母の日のカーネーションに合わせたのではなどとも言われています。

日本では、前述の『FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会』が「父の日黄色いリボンキャンペーン」を提唱
している関係からか、黄色のバラを贈るのが一般的になっています。

余談ですが、このキャンペーンは、「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」なんです。

父の日に、あなたから「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を贈ってさしあげたら、
きっと大喜びですよ

まとめ

今回は、父の日の由来について話してみました。

父の日に「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を贈ってさしあげたら喜ばれること間違いなしです。

お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 6月の話題