11月の誕生石のシトリンやトパーズ、ブラッドストーンについて

      2016/08/11

11月が誕生日の方おめでとうございます。

誕生日に、誕生石は定番ですよね。

人からプレゼントされても良し、自分へのご褒美に自分で購入しても良し。

そこで、今回は11月の誕生石について、お話しをしたいと思います。

スポンサードリンク
  

11月の誕生石のシトリンについて

シトリンは水晶が自然の熱により長い時間を経て黄色に変色したものだとされています。
天然のシトリンは希少価値が高く、入手は非常に困難なため高価です。
それゆえ、実際に安価にて販売されているシトリンは、人工的に水晶を熱加工したものが
多くあります。

和名  :黄水晶(きすいしょう)
宝石言葉:友情、輝き、生命力、希望、金運など
原産国 :アメリカ、スコットランド、スペイン、チリ、ブラジル、フランス、
     ベトナム、メキシコ、ロシアなど
誕生石 :11月の誕生石
干支石 :子年、酉年の守護石
星座石 :酉年、牡羊座、ふたご座の守護石
色・模様:極薄いイエローから琥珀色、黄金色までさまざまな
     黄色のバリエーションがあります。
由来  :シトリンの名前の由来は諸説あり、
     シトリンの色が柑橘類の果実"シトエン"に由来していると言う説。
     レモンを指す意味のラテン語"シトラス"に由来していると言う説。
     
「太陽のエネルギー」をもつシトリンは、古くから「金運・財運を呼ぶ石」、
「繁栄と富貴をもたらす幸運の石」として大切にされてきました。

「商売繁盛」「金運の向上」「仕事運の向上」「幸運をもたらす」
「ストレスを癒す」「希望や勇気をもたらす」などの明るいエネルギーを
もたらしてくれる宝石だと言われています。

11月の誕生石のトパーズについて

トパーズは多くのカラーを持ち、古くから宝飾品として愛されてきました。

本来は無色透明な石ですが、光や熱の影響による色の変化が激しい石です。
その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。

トパーズの中でも屈折率が高く、光に長期間さらしても褪色しないとされる
「インペリアルトパーズ」と呼ばれる、橙褐色のトパーズが最高峰とされています。

また、「ブルートパーズ」も人気がありますが、残念ながら天然のブルートパーズは
希少で、現在出回っているほとんどのものが無色のトパーズに放射線を照射して
着色したものです。

和名  :黄玉(おうぎょく)
宝石言葉:友情、誠実、希望、潔白、繁栄、幸福、知性など
原産国 :ミャンマー、ブラジル、スリランカ、マダガスカル、タンザニア、ロシア、
     タイ、カンボジア、ベトナム、アフリカ。日本など
誕生石 :11月の誕生石
干支石 :子年、酉年の守護石
星座石 :牡羊座、さそり座、射手座の守護石
色・模様:無色透明、ブルー、ピンク、薄茶色、黄褐色など
由来  :トパーズの名前の由来は諸説あり、
     ギリシャ語の「Topazos(トパゾス)」「探し求める」に由来していると言う説。
     サンスクリット語で「火」を意味する「トパズ」に由来すると言う説。
     産地である島「トパシオン」が由来だとする説。
     古代ギリシアやローマの時代には、「ペリドット」を「トパーズ」と
     呼んでいたそうです。

スポンサードリンク

古代エジプトでは太陽神ラーの象徴として尊重されお守りの役目もしていました。

古代では男性に愛されていた宝石です。

繁栄を象徴するトパーズは、成功へ導くパワーストーンと言われています。
トパーズを身に着けた人が望むものへ辿り着くように導いてくれる宝石といわれています。

仕事、恋愛、人の縁など自分が望むもの、必要なものを見つけやすくしてくれる石です。

 「自分に必要なものやチャンスを引き寄せる」
 「直感力と洞察力を高める」
 「憂鬱を払い、明るい希望をもたらす」
 「曖昧な物事をはっきりさせる」
 「気分を明るくしてくれる」
 「恋愛成就」
 「心身の安定」
 「転職の成功」

などの効果があると言われています。

トパーズは太陽の光に弱い特徴があります。
保管するときは、なるべく光が当たらないように気をつけましょう。

11月の誕生石のブラッドストーンについて

ブラッドストーンは、カルセドニー(玉随)の変種であるジャスパー(碧玉)の一種で、
濃い緑色に血潮が飛び散ったような赤い斑点がちりばめられた石です。
この色合いは酸化鉄によるもので、インド産のものが良石とされています。

和名  :血石(けっせき)、血玉石(けつぎょくせき)、血玉髄(ちぎょくずい)
宝石言葉:救済・救いの力・献身・知性・勇気・勇敢など
原産国 :インド、ロシア、スコットランド、オーストラリア、アメリカなど
誕生石 :11月の誕生石
干支石 :の守護石
星座石 :牡羊座・蠍座・魚座の守護石
色・模様:濃緑色地に血赤色の斑点紋あり
由来  :ブラッドストーンは、濃緑色の地色に赤い斑点が血を連想させる事から、
     「ブラッドストーン」と名付けられました。
     そのため和名も「血玉石」「血石」「血玉髄」「血星石」等と呼ばれています。

中世の伝説では、キリストが十字架にかけられたとき、足元の石にキリストの
血がしみ込んで「ブラッドストーン」になったと云われていて、「聖なる石」と
呼ばれています。

ブラッドストーンは「活力を高める」と言われていて、身に着けた人に困難を
乗り切る力を与えるとされています。

また、献身と勇気と知性を象徴すると言われ、困難を乗り越える力や勇気や生命力を
与えてくれるといわれています。

血に関するパワーを持つと言われ、血液に関する治療や出血を止める効果があるとされ、
止血剤としても用いられたり、妊婦がこの石を身につけていると、流産を免れるとも
云われています。
このことから、子宝に恵まれるお守りや安産のお守りとして伝えられています。

まとめ

 
今回は、11月の誕生石についてお話をしました。

お役に立てましたでしょうか?

今回のお話が、お役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 11月の話題, 誕生石 ,