台風や低気圧とうつ病の関係と対策について

   

台風や低気圧の接近により、うつ病に悩まされる人が少なくありません。

でも、なんで台風や低気圧の接近により、うつ病に苦しんだりするのでしょうか?

そこで、今回は台風や低気圧と、うつ病の関係と対策についてのお話しをします。

スポンサードリンク

台風や低気圧とうつ病の関係

台風や低気圧が接近すると、うつ病に悩まされますが、そもそも台風や低気圧と、うつ病には、どういう
関係があるのでしょうか?

残念ながら、低気圧と、うつ病の因果関係については、現在もまだ解明されていません。

解明はされていませんが、台風や低気圧が接近すると、うつ病が悪化する人が多いのも事実です。

では、その原因とは、どのようなものなのでしょうか。

台風により気圧が低下すると、気圧が低下すると頭痛の症状が出る人が多いですが、この頭痛の原因も、
うつ病の症状を悪化させる一つの要因とも言われています。

気圧が低下することにより、大気中の酸素量が減少します。

台風により気圧が低下すると、酸素量が減少します。酸素量が減少すると、人間の体は、エネルギーを
消費しないように、血圧低下、脈拍減少、循環血液量の減少などを引き起こします。
酸素が欠乏するのですから、頭痛やめまいを起こす原因となります。また、この体調不良から、うつを
悪化させる原因となります。

低気圧により酸素量が減少すると副交感神経を優位にしますが、その低気圧の発達の速度、強さ、
接近の速度によっては交感神経から副交感神経の変化が急激過ぎて体が適応できなくなり、自律神経の
乱れから、頭痛やめまいなどの体調不良の原因となります。また、この体調不良から、うつを悪化させる
原因となります。

スポンサードリンク

台風により気圧が急激に変化することにより、鼓膜の内側と外側で気圧差が生じることによりめまい
などの体調不良を起こします。
本来は、内耳の気圧の変化に対応するための器官(三半規管)が、外気との圧力の調整をうまく
やるよう働くのですが、急激に気圧が変化するとそれらの器官が働き始めるために、気圧の変化に
よってめまいなどを起こし、この体調不良から、うつを悪化させる原因となります。

低気圧による、うつ病対策

台風や低気圧による、うつ病の対策として、何をすればいいのでしょうか?

・まずは、リラックスするようにしてください。
・そして酸素不足を解消する意味で、酸素を体に多く取り込むためにも、深く深呼吸をしてください。

・規則正しい生活とバランスの良い食事をとるようにしましょう。
・普段から軽い運動をするようにしましょう。
・普段から寝不足にならないように十分な睡眠をとるようにしましょう。

まとめ

今回は、台風や低気圧とうつ病の関係と対策についてのお話をしました。

同じうつ病でも、ひとによって原因や症状は違ってきます。

今回は一般的なお話でさせていただきました。

本当につらいときは一度、病院で診てもらうことをおすすめします。

今回のお話で、例え少しでも辛さから解放されたらうれしい限りです。

今回のお話が、お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 10月の話題, 台風 ,