潮干狩りの道具の準備、あると便利な物、禁止されていること

      2017/02/26

潮干狩りの時期になって来ましたね。

初めて行くのだけど潮干狩りの道具の準備はどうするの?あると便利な物?禁止されていることは?

あなたの疑問にお答えしますね。

スポンサードリンク
  

潮干狩りの道具の準備

まずは基本的なことからお話しますね。

 ■服装
 
  ・基本は濡れても良い服装。帰りの為に着替えもあった方がいいですね。
  
  ・カカトどめのある脱げないサンダル。
   ビーチサンダルだとたまにハマって砂浜の中に、はまってしまう事があります。
   カカトのあるものをおすすめします。

  ・日差しがあるので、つばのある帽子をかぶっていた方がいいです。
   出来れば風通しも良く濡れてもすぐに乾く麦わら帽子などがおすすめです。

  ・タオルを首に巻くと日焼け防止になります。
   汗拭きにも使えますので、是非、首に巻いてください。

 ■道具

  ・熊手
    
    砂を掻き出すのに使います。先が尖っていない熊手が貝を傷付けたりしないので便利です。
    砂を掻き出したら手で探って貝を取りましょう。軍手をはめれば手をケガするのを防げます。
 
  ・バケツ
    
    取った貝や道具を入れるのに使います。
 
  ・網袋
  
    取った貝を入れます。帰り際取った貝を網ごと洗い砂落とし出来るので便利です。

  ・クーラーボックス
    
    取った貝を持ち帰る際に使います。

最低限このくらいあれば、遊べます。

続いて、あると便利な物をお伝えしますね。

スポンサードリンク

潮干狩りの道具であると便利な物

基本的な持ち物はお話ししましたので、ここからはあると便利な物をお話しますね。

 ・空のペットボトル
 
   2Lを2本程度でいいでしょう。
   帰りに海水を持ち帰り、取った貝を家で砂抜きする際に使用します。

 ・ざる
 
   取った貝の砂を落としたり、貝の選別に使ったり無くても困りませんが、あると便利です。

 ・レジャーシート
 
   荷物を降ろす場所の確保に使用します。貴重品は持って歩いてくださいね。

 ・着替え
 
   帰りに着替えられるといいですよね。特にお子さんは絶対に必要だと思います。

 ・タオル

   濡れた体を拭いたり、いろいろと使えるので多めに持参してもいいです。

 ・サングラス・日焼け止め
  
   日差し防止・日焼け防止にあるといいですね。

 ・絆創膏
  
   怪我をしてしまった時などに、あると便利です。

潮干狩りの道具で禁止されていること

実際の潮干狩り場で禁止していない内容もあるかもしれませんがマナーとして守りましょう。

 ・2cm以下の小さい貝は逃がしてください。
 
 ・15cm以上掘らない
  潮干狩りで貝は通常5cm程度掘れば見つかりますので深く掘るのはやめましょう。
  またもし掘りすぎた時には埋めてあげましょう。

 ・廻りに危険を及ぼすような道具や大きな道具を使うのはやめましょう。

 ・潮干狩り場で禁止されている行為はやめましょう。

まとめ

今回は、潮干狩りの道具について書いてみました。

潮干狩り場では、マナーなどを守って、楽しく遊んでください。

スポンサードリンク

 - 潮干狩り, 5月の話題