9月の誕生石であるサファイアとペリドットとラピスラズリについて

   

今回は、9月の誕生石についてお話ししたいと思います。

9月の誕生石と言えば、一番最初に思い浮かぶのは、定番の「サファイア」ですね。

でも他にもあるんですよ。

自分は9月の誕生石だけど、「サファイア」以外が欲しいなって思いませんか?

そこで、今回は「サファイア」も含めた9月の誕生石の、お話しをしたいと思います。

スポンサードリンク
  

9月の誕生石であるサファイアについて

◆サファイア

四大宝石(「ダイヤモンド」「ルビー」「サファイア」「エメラルド」)のひとつです。
この中の「ルビー」と「サファイア」は、共に、鉱物名『コランダム』と言われるもので
濃赤色のものを「ルビー」と呼び、「ルビー」以外のものは「サファイア」と呼びます。
そのため「サファイア」には、様々な色があります。

和名  :青玉(せいぎょく)・蒼玉(へきぎょく)
宝石言葉:誠実・慈愛・真理・集中力・賢明・不変・心の成長・高潔・徳望など
原産国 :主にタイ、ミャンマー、カシミール地方、スリランカ、マダガスカル、オーストラリア、
     中国、カンボジア、インド、アメリカなど
誕生石 :9月の誕生石
干支石 :戌年の守護石
星座石 :水瓶座、牡牛座、乙女座 の守護石
色・模様:濃赤色以外(青・濃紺・青紫色・紫・黄色・茶色・緑・薄紅色・透明)

不変の愛を誓い、恋人や夫婦の絆を強める石と言われています。
また、女性らしさを引き出し、女性としての魅力を際立たせてくれたりと女性には素敵な石です。

9月の誕生石であるペリドットについて

 

◆ペリドット

別名「ハワイアン・ダイヤモンド」と呼ばれることもあります。

和名  :橄欖石(かんらんせき)
宝石言葉:夫婦の幸福・夫婦愛・幸福・平和・和合・豊穣・希望・安らぎ・優しさ
原産国 :アメリカ、ブラジル、中国、ミャンマー、エジプト、パキスタン、アフガニスタン、
     スリランカ、南アフリカ、メキシコ、オーストラリアなど
誕生石 :9月の誕生石
干支石 :-----
星座石 :双子座、乙女座、天秤座、山羊座の守護石
色・模様:黄緑色

スポンサードリンク

太陽の石と呼ばれ、困難な状況でも太陽のような明るい光で目標を照らし出し、困難を取り除き、
夢を実現するように導いてくれる石です。
ネガティブな気持ちを払いのけ、何事にも前向きに進めるようにサポートしてくれる石です。
また、身につける事により、嫉妬、恨み、怒りなどのマイナスの心を明るく照らし希望へと
変えてくれる身を守り、夫婦愛、カップルなど愛と信頼を高めてくれるとも言われています。

結婚2年目は「藁婚式」「綿婚式」と呼ばれ、結婚記念石である「ペリドット」を贈ると、結婚生活が
幸せに導かれるといわれています。

9月の誕生石であるラピスラズリについて

 

◆ラピスラズリ

 
和名  :瑠璃(るり)
宝石言葉:崇高・尊厳・健康・幸運・愛・永遠の誓いなど
原産国 :アフガニスタンのバダフシャーン州、シベリア、チリ、カナダ、アメリカ・コロラド州など
誕生石 :9月の誕生石
干支石 :戌年の守護石
星座石 :射手座の守護石
色・模様:青・紺

ラピスラズリは邪気を退けると言われ、悪縁や不幸を退け良い方向に導いてくれると言われています。
古代エジプトでは「神の石」、「聖なる石」とも言われ最も尊い宝石で、純金と同じ位高価でした。
また、恋人たちの愛と夢をやさしく守ってくれる石ともいわれています。

9月の誕生石であるアイオライトについて

 

◆アイオライト

ウォーターサファイアの名前で呼ばれることもあります。

和名  :菫青石(きんせいせき)
宝石言葉:初めての愛・徳望・誠実・心の安定・癒し・不安の解消 など
原産国 :主にスリランカ、ミャンマー、インド、マダガスカル、ブラジル、タンザニア、カナダ、
     イギリスなど
誕生石 :9月の誕生石
干支石 :-----
星座石 :乙女座の守護石
色・模様:青色、帯紫青色、帯灰褐青色、黄色、帯緑黄色、帯褐黄色など

アイオライトは、「人生の羅針盤」「結婚へ導く石」「第三の目」の効果があるとされていて、
迷った時には、進むべき正しい道へと導いてくれると言われています。

また、魔除けの効果や良い結婚相手を見つけてくれるとも言われています。

まとめ

 
今回は、9月の誕生石についてお話をしました。

お役に立てましたでしょうか?

今回のお話が、お役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 誕生石, 9月の話題 ,