母の日にカーネーションはなぜ? 由来とカーネーション以外では?

      2017/02/26

5月のイベントの一つに「母の日」があります。

母の日に「カーネーションを贈るのはなぜ」のお話をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

母の日に「カーネーションを贈るのはなぜ」か、まずは、その由来をお話したいと思います。

母の日にカーネーションを贈る由来

実は、母の日の由来は、いろいろな説があるんです。

 ・古代ギリシャ時代の神の母と言われる「リーア」への感謝を込めた春祭りが起源説

 ・17世紀、イギリスで復活祭(イースター)の40日前の日曜日に
  出稼ぎ労働者が母親に会おうと帰省していた日(マザーズ・サンデー)説

等です。

母の日にカーネーションを贈る由来としては

今の形の母の日ができたのは、20世紀初頭、アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が、
自分の亡き母の追悼のため白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配ったのが始まりとされ、
これが母親にカーネーションを贈る習慣になり、全米へと広がりました。
その後1914年、ウィルソン大統領の時代に、5月の第2日曜日は「母の日」と制定され国民の祝日となりました。

日本では大正時代に、キリスト教会・日曜学校などで「母の日」がスタートし、
1937年(昭和12年)にお菓子メーカーである”森永製菓“が、「母の日」をアピールし、
1947年(昭和22年)に、それまでの当時の皇后誕生日である3月6日からアメリカにならい、
公式に5月の第2日曜日を「母の日」と制定しました。

白いカーネーションは、亡くなった母に、
赤いカーネーションは、健全な母への愛として贈るのが一般的です。

●花言葉の意味は

スポンサードリンク

  赤     :「真実の愛」「愛情」「情熱」「母への愛」
  濃い赤   :「私の心に哀しみを」
  白     :「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」
  ピンク   :「感謝」「上品・気品」「温かい心」
  オレンジ  :「集団美」「純粋な愛」「清らかな慕情」
  黄色    :「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
  紫     :「誇り」「気品」
  青     :「永遠の幸福」

となります。

最近では赤いカーネーションに、こだわらない方も増えて来ていますが、
カーネーションの色に迷ったら花言葉で選ぶのも良いですね。

母の日に贈る時、黄色のカーネーションは避けた方が良いでしょう。
また白のカーネーションは「亡くなった母へ」となるので気を付けてください。

母の日にカーネーション以外の花を贈る

最近では、母の日にカーネーション以外の花を贈る方も増えて来ています。、
そこでカーネーション以外の贈ってみたら良い花をご紹介いたします。

  ・アジサイ     :花言葉:「辛抱強い愛情」「元気な女性」
  ・バラ       :花言葉:「赤「情熱」」「ピンク「上品」」「白「純潔」」
             「青「奇跡」」「オレンジ「無邪気」 」
  ・蘭        :花言葉:「優雅な女性」「美人」
  ・クレマチス(鉄仙)        :花言葉:「美しい心」「高潔」「旅人の喜び」
  ・ベゴニア     :花言葉:「幸福な日々」「親切」「丁寧」
  ・ひまわり     :花言葉:「あこがれ」「崇拝」
  ・百合       :花言葉:「威厳」「無邪気」「華麗」「陽気」
  ・ガーベラ     :花言葉:「希望」「前向きに」
  ・ダリア      :花言葉:「華麗」「優雅」「気品」

まとめ

今回は、母の日のカーネーションについて書いてみました。
お役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 母の日, 5月の話題