紫外線の対策に日傘の効果と日傘の色と生地について

      2016/05/22

紫外線が気になる時期になってきました。

日傘をはじめて持とうと思った時に、日傘の色や生地や効果に悩むことはあります。

そこで、今回は、日傘の色や生地、紫外線対策への効果などのお話しをしようと思います。

スポンサードリンク
  
 
 

紫外線の対策に日傘の効果は?

 
日傘の紫外線に対する効果はどの程度なのでしょうか? 

日傘として販売されている物は、UVカットがされていますが、このUVカット率が高く、99%や
100%カットと謳われている物もあります。

このような日傘では、上からの紫外線に対しては効果が期待できますが、実は紫外線は上からだけでは
ないんです。

上からの紫外線は、道路や建物などさまざまなものに反射して体に浴びてしまいます。

そういう意味では、100%の紫外線の対策効果はないと言えます。

それでは日傘を差しても変わらないかと言うとそんなことはありません。

上からの紫外線に対しては、それなりに防いでくれますので、露出した肌の部分に日焼け止めクリーム
などを塗り、日傘を差すことをお勧めします。
 
 

 

紫外線の対策に適した日傘の色は?

 
日傘もいろいろな色の物が販売されています。

よく聞くのは、白と黒のどちらの日傘が紫外線の対策に効果的でしょうか? と言う話が多いですね。

それでは色について、白と黒を例に、お話したいと思います。
 
 

◆白系

 
 白系は紫外線を反射することにより、紫外線を防ぎます。
 白系は道路や建物などからの照り返した紫外線も日傘の内側で反射し顔など肌にあたります。
 白系は見た目で涼しく感じます。
 

スポンサードリンク

◆黒系

 
 黒系は紫外線を吸収することにより、紫外線の他、可視光線や赤外線も防ぎます。
 黒系は道路や建物などからの照り返した紫外線他も日傘の内側で吸収して防ぎます。
 黒系は見た目で暑苦しく感じます。
 
 
色だけで見ると、黒系に軍配が上がります。

結果的には、外側が白系(見た目)で内側が黒系(照り返し防御)が良さそうです。
 
但し、日傘の紫外線対策は、色だけで決まるものではないので、お好きな色を選ばれるのが良いと
思います。
 
 

日傘の紫外線対策に適した生地は?

 
前章で、日傘の紫外線対策は、色だけで決まるものではないとお話ししましたが、実は日傘の素材生地
が重要だったりします。

最近の日傘の生地は綿や麻などの涼しさを感じさせるものが多く、その中でも遮光率やUVカット率が
高い物(最近では99%や100%の物)を選ぶのが良いです。

さらに、紫外線対策効果は生地が厚めの方が高いので、生地が厚めのものを選ぶと良いでしょう。

結果的には、生地が厚めの綿や麻素材で、UVカット率が99%や100%の物という事になります。
 
 

まとめ

 
今回は、日傘の紫外線対策の効果と日傘の色や生地についてのお話をしました。

まとめると、
 日傘の外側が白系で内側が黒系で生地が厚めの綿や麻素材で、UVカット率が99%や100%の物
が良いことになります。

但し、ご予算などもありますので、ご自分の予算内で気にいったものを選ばれるのが良いかと思います。

是非、ご自分に合った素敵な日傘をお選びください。

今回のお話が、お役に立てたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 紫外線, 6月の話題, 7月の話題, 8月の話題 ,